WEBマスターのお仕事TOP > スポンサー広告 > WEBマスターとは?WEBデザイナー/WEBディレクターとの違いは?WEBマスターのお仕事TOP > WEBマスターのお仕事 > WEBマスターとは?WEBデザイナー/WEBディレクターとの違いは?

スポンサーサイト

(--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBマスターとは?WEBデザイナー/WEBディレクターとの違いは?

(2008/03/08)
WEB関連の職業には、WEBディレクター、WEBデザイナー、WEBマスター・・・など、役割によって色々な名前の職業があります。一般的な職業別の役割を見てみましょう。 WEB関連の職業

WEBマスター/ホームページ担当者

事業会社に在籍し、自社WEBサイトの管理運営をする人。自分で制作する場合もあるが、制作は外注で運営側に徹する場合が多い。SEM/アクセス解析などの運営や、社内他事業部からの希望を反映させるなど。店長のような仕事。

WEBプロデューサー/WEBディレクター

WEB制作会社に在籍し、クライアントの窓口になります。クライアントからの要望をまとめたり、マーケティングの提案したり営業的な動きもします。社内ではデザイナーやプログラマーに指示を出し、現場監督のような立場になります。

WEBデザイナー

WEBプロデューサー/ディレクターの指示の元、WEBページの主にデザイン部分を担当します。WEBサイトにおいて、見やすく使いやすいデザインは非常に重要です。デザインでサイトの魅力は大きく変わります。

ライター

コンテンツのテキストやキャッチコピーを作成したり校正をかけます。WEBサイトにおいて、キャッチーなコピーや読みやすい文章はとても重要です。WEBデザイナーが兼任する場合もあります。

HTMLコーダー

コーダーは、デザイナーの作ったモックアップを元に、HTML/CSSでWEBページを作る人です。最近はXHTML+CSSの需要が多く、優秀なコーダーは重宝されます。

WEBプログラマー

動的なWEBサイトを制作する場合、プログラマーがプログラムを作成します。コーダーと同時進行の場合もあります。

※上記は一般例です。事業会社によっては、WEBマスター/WEB担当者の事をWEBプロデューサー/WEBディレクターと呼んでいる場合もあります。

WEB制作会社のクライアントは事業会社です。事業会社にとってのWEBサイトはビジネスツールです。WEBデザイナーがWEB制作のプロフェッショナルならば、WEBマスターはWEB運営のプロフェッショナルと言えるでしょう。
せっかく良いデザインのWEBサイトを作っても、ビジネスの役に立たなければ意味がありません。 WEBマスターはWEBサイトの立ち上げから運営まで携われる唯一の職業です。
関連記事

コメント

なるほど

ディレクターは制作会社の人なんですねぇ。うちの会社は事業会社なのにディレクター!ちょっと間違ってる!?

Re: なるほど

sunさん
コメント頂いたいたのに気付きませんでした!ありがとうございます。
そうそう、事業会社でもディレクターと言っている会社も結構あると思います。同じディレクターでも仕事の内容は違いますしね・・・肩書はあってないようなものなのかもしれないですね。

> ディレクターは制作会社の人なんですねぇ。うちの会社は事業会社なのにディレクター!ちょっと間違ってる!?

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://goodjob4604.blog103.fc2.com/tb.php/26-d9e5ab06

トラックバック

トラックバックのテストです

トラックバックのテストです。恥ずかしながら使い方を分かっていない。 トラックバックのテストです。恥ずかしながら使い方を分かっていない。トラックバックのテストです。恥ずかしながら使い方を分かっていない。トラックバックのテストです。恥ずかしながら使い方を分?...
月別アーカイブ
Google+
Twitter
ページトップへ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。