WEBマスターのお仕事TOP > スポンサー広告 > Googleカレンダーを自分のサイトに埋め込むWEBマスターのお仕事TOP > 便利ツール > Googleカレンダーを自分のサイトに埋め込む

スポンサーサイト

(--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleカレンダーを自分のサイトに埋め込む

(2011/09/06)
企業であればセミナーやワークショップのスケジュール、飲食店の場合はイベントのスケジュールなどをサイトで公開したい場合、Googleカレンダーが使えます。Googleカレンダーを使えば、PCだけでなくスマートフォンなどからも更新ができますし、何よりサイトへの設置が簡単です。 ▼飲食店でのイベントスケジュールの例
http://www.spiral-kamakura.com/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

■Googleカレンダーのサイトへの設置方法


Step.1)まずはサイト用のGoogleカレンダーを用意する
新しいカレンダーの作成ページ↓
https://www.google.com/calendar/render?tab=mc
へ行き、あなたのサイト上で公開するカレンダーを用意します。
各項目へ入力し、「カレンダーを作成」をクリック。Googleカレンダーの作成

※「このカレンダーを一般公開する」にチェックを入れないと、あなたのサイト上に表示されないと思います(多分・・)
※店舗等のサイトに埋め込むカレンダーの場合は、「場所」の項目に対象エリアを入力しておきましょう。

Step.2)埋め込み用のHTMLをゲットします
GoogleカレンダーTOPページ左側のマイカレンダーに作成したカレンダーがあるので、「▼」をクリックして「カレンダー設定」へ進みます。
カレンダー設定

このカレンダーを埋め込む部分の「色やサイズなどをカスタマイズします」をクリック。
カレンダーの設定

次のようなページへ遷移するので、ページ左側で表示させる項目やサイズを設定し「HTMLを更新する」をクリック。表示されたコードをカレンダーを表示したい場所へ貼り付けます。

埋め込み用のHTMLをゲット

※Step.1の共有設定で一般公開になっていないと、上手く表示されないと思います。

個人的に便利だなと思うのが、スマートフォンで予定を追加/編集できるようになったことです。私の場合はAndoroid端末のジョルテというアプリでGoogleアカウントとの同期設定をして活用しています。

カレンダーの予定詳細ページに、イベントの詳細やサイトへのリンク設置もできるので、イベント系の告知にはかなり使えるのではと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://goodjob4604.blog103.fc2.com/tb.php/111-abe8a601
月別アーカイブ
Google+
Twitter
ページトップへ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。